いつも喜んで、感謝して。

by naturalfood-holo

<   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今週の予定になります。

お知らせが遅くなりまして申し訳ありません。。

今週は、貸切やイベントのため、通常営業お休みになります。

ご了承お願い致します。

3/28(水) 貸切になります。

3/29(木) 貸切になります。

3/30(金) 札幌駅前地下歩行空間にて脱原発イベント出店。

3/31(土) 「みんたる」にて冬みんcafe出店。



ご迷惑おかけいたしますが、宜しくお願いいたします。
[PR]
by naturalfood-holo | 2012-03-28 09:16 | 変則営業のお知らせ | Comments(0)

通常営業です。

おはようございます。

3月27日、通常営業となります。


昨日3月26日、刈羽6号機が定期検査で停止し、
全国で稼働中の原発は泊3号機一機のみとなります。

泊3号機の定期点検が5月5日に決まりましたので、
日本の原発が全て停止する日が近づいています。

国や電力会社はそれまでに、泊1、2号機、
そして、大飯3、4号機、伊方3号機の再稼動をさせたいと躍起になっています。

原発がなければ電力が不足し、経済がたいへんなことになる、と言ってきたからです。


原発の再稼動には福島第一原発の完全収束と、事故の徹底的な原因究明調査、
また、地元への理解や対応、国民への説明、などなど。

誠意をもってやっていただきたいことがたくさんあります。不安な方がたくさんです。



ホロでも署名集めています。

原発運転の再開判断の前に!

泊1号機、2号機の運転再開の前に!
賛同いただける方、ぜひ署名おねがいいたします。

下記サイトからオンライン署名もできます。ホロでもできます。

http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-658d.html


今月号の暮らしの手帖の編集後記。
松浦弥太郎さんに同感いたします。


私達は間違った豊かさを手に入れ
間違った暮らしを、それが正しいと思ってしまいました。
エネルギーは限りなくあると勘違いし、好きなだけ、そして安く
もっともっとと求めて、一度知ってしまった快適さや便利さ、豊かさを、
喜ぶべき進歩であると受け取ってしまいました。
しかも、それを選んだんは私たち自身でありました。
私たちが喜んだ進歩とは、地球全体の未来を犠牲にした、いわば
見せかけの豊かさでもあったのです。


私にも責任が十分にあります。

悔い改めて、どうか、もう、そういう進歩や新しさはいらないと声にして。
そういうものが無くても、楽しく、面白く、美しく暮らしは作れるのだということを
見つめなおしていきたいのです。
[PR]
by naturalfood-holo | 2012-03-27 10:15 | 変則営業のお知らせ | Comments(0)
おはようございます。

3月24日通常営業です。


今日はチョコレートムースをデザートにご用意しています

みなさん、ぜひいかがでしょうか?

お待ちしています。
[PR]
by naturalfood-holo | 2012-03-24 10:42 | 変則営業のお知らせ | Comments(0)
おはようございます。

3月23日、15:00までの営業となります。


昨日、久しぶりに「たま」聞きました。

たま。いいですね。

ドキュメンタリー映画あるんですね。だれか持ってませんか??




[PR]
by naturalfood-holo | 2012-03-23 08:48 | 変則営業のお知らせ | Comments(0)
おはようございます。

昨日は、富田貴史さんのお話会とてもよい時間を過ごさせていただきました。

暦のお話からエネルギーのお話まで。

富田さんのトークに引き込まれて聞いておりました。


また、来札される際はぜひお願いしたいとも思います。



3月21日、ケータリングご注文のためお休みさせていただきます。


よろしくおねがいいたします。
[PR]
by naturalfood-holo | 2012-03-21 07:52 | 変則営業のお知らせ | Comments(0)
3月17日、大変急ですがお休みさせていただきます。

申し訳ありません。



3月15日(木)にお電話いただいたお客様、

急遽お休みさせていただくこととなり、

大変申し訳ございません。

ご迷惑おかけいたします。



よろしくおねがいいたします。
[PR]
by naturalfood-holo | 2012-03-16 18:46 | 変則営業のお知らせ | Comments(0)
3/16(金)、特別注文のため、通常営業お休みさせていただきます。


ご迷惑おかけいたします。宜しくお願いいたします。
[PR]
by naturalfood-holo | 2012-03-15 16:14 | 変則営業のお知らせ | Comments(0)

田中優さんのお話です。



3.11沖縄、ティダノワ祭での田中優さんのお話です。ぜひご覧ください。

●3月11日沖縄名護での「ティダノワ祭」に出演した際の講演動画です
30分間ですのでぜひご覧ください☆
http://ustre.am/:1qfx6



ちょうど来た、優さんのメルマがと内容が似ていたので、転載します。

---------------------------------------------------------------------------
田中優の“持続する志”

 優さんメルマガ 第114号 
       2012.3.14発行
 
※このメルマガは転送転載、大歓迎です。

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□

□◆ 田中 優 より ◇■□■□

『 未来に安心できない 』

◆全貌はまだ見えない

 2011年3月11日の東日本大震災から一年経った。
 こうした日には、大きな喪失を感じながら悲嘆にくれて、そこから
少しずつ忘れていくものだ。耐えきれない苦しみや悲しみ、そこから
悲嘆に暮れることで抜け出していく…。

 しかし原発事故の問題がそうさせてくれない。福島第一原発事故、
まだまだ被害の全貌は見えないからだ。放射能の被害は後から追ってくる。
「ただちに影響が出ない」という言葉は、「後から出る」という意味な
のだから。その被害のピークは2021年頃になるものと予想される。

 それでも少しずつ見えつつある部分もある。柏や松戸などのホット
スポットで、他の地域では見られない小学生以下の末梢血リンパ球異常
(子ども17人中8人)が認められたことだ。福島では子どもの甲状腺の
異常の兆候が見つかった。

 まだ統計的には明らかではないが、福島周辺では亡くなる人が増え、
特に心筋梗塞が原因で亡くなる人が増えているようだ。友人の親族も
その被害に遭っている。心臓だけはほとんど細胞の生まれ変わりがない
ために、放射線で細胞が殺されてしまうと機能が低下してしまうのだ。

 御用学者は「大丈夫だ」を繰り返す中、取り返しのつかない現実が
生じつつある。人々はあれほど専門家がアテにならないことを痛感した
はずなのに、再び権威に従おうとしている。
 福島現地では、放射能の話題をするだけで「気にしすぎる人」扱いを
受け、下手をすれば「非国民」扱いされる。戦時中のような統制がまか
り通っている。いや、それでも被害は来るのだ。

◆チェルノブイリを見よ

 福島での放射能汚染レベルは、チェルノブイリの汚染レベルにほぼ匹
敵している。それはベラルーシに近いから、そこで起きたことを見るの
が一番いいだろう。

 ベラルーシでは事故後、特に新たな出生がガタ減りした。死亡率はあ
まり変わっていないものの、出生率が著しく減少したために人口全体が
減少に向かった。それが1999年を境に、劇的に回復する。

 一体その年に何があったのか。

 その年にベラルーシは、食品の汚染基準を思い切って厳しくしたのだ。
水の汚染基準が10ベクレル/kg(日本は現在200ベクレル)、乳幼児の
食品 37ベクレル/kg(日本は現在 500ベクレル)と、それまでより
ずっと厳しい基準にしたのだ。

 厳しくする以前は、今の日本と似たりよったりの数値だった。
これから国内の汚染地域に起きることは、これとよく似た事態になるの
ではないか。

 ベラルーシでバンダジェフスキーという医師が、被害によって亡く
なった人たちを徹底的に調べた。彼はそのせいで不当逮捕され、亡命
を余儀なくされている。

 その調査結果によると、体内のセシウムレベルが10ベクレル/kgを超
えると病気が出始め、20ベクレルでとても増加するという。膀胱だけは
もっと低く6ベクレルから出始めていたそうだ。

 体の中に取り込んだセシウムは、70日経たないと半分に減らない。
セシウムの半減期30年とは別に、体から排泄されるまでの「体内半減期」
もあるのだ。

ということは、もし今の日本の基準を信じて食べていたら、簡単にその
数値を超えてしまう。

 これに注意が必要だ。今後も毎日続く食事への警戒。食べようとする
外食の魚は、子どもに与えようとするくだものは大丈夫なのか。日本の
食品の放射能レベルが、今のところ低いのも事実だ。土壌の質など、
幸いなことが重なったおかげかもしれない。

 しかし今後もそうなるとは限らない。
 この春のタケノコはかなり汚染度が上がるだろうし、汚染されていた
小麦は今後パンなどになって市場に出てくるだろう。小麦が食品になる
には、約一年かかるのだ。うどん、パン、お好み焼き、てんぷら、
ホットケーキ、パスタ、ケーキはどうか。
 同じ理屈でそばやビールにも汚染が入り込むかもしれない。

 汚染地域では、木の皮を超えて木の水分にも放射能が入り込んだから
ウメなども気にかかる。

 だが汚染が現実化しその被害が生じる頃には、人々はとっくに忘れて
いるのだ。


◆二度と被害を繰り返さない

 黙祷を言葉にしたら、こんな言葉になるだろう。
「二度とこの悲劇を繰り返しません、私たちはみなさんの犠牲を無駄にしません」と。

 原発に対する対策は、もう二度と動かさないことだろう。なのになぜ止められないのか。
「原発はベース電源」なんて、グラフの下に並べただけの話だ。上に乗せればすぐわかる。

 不要な電源にするために、節電すればいい。
 蛍光灯の裏側にステンレス製の反射板をつけるだけで、一本で二本分の明るさが取れる。
 エアコンなら電気から、ガスヒートポンプに変えるだけで半分まで消費を減らせる。

 家庭の電気消費は22%しかないから、事業者の節電が大事なのだ。
「PPSから電気を買って脱東電」と言われるが、PPSが供給
できる電気量が大きくなく、しかも東電の支配下から逃れられない。

 それより得になる、「機器を選ぶだけの節電」のほうがいいではないか。
それだけで、命を賭けなくてもこれまで通りの暮らしができる。

 「原発の電気は安い」というのも全くのウソだ。今の政府の電気料金
の委員会に入っている立命館大学の大島先生は、電力会社の現実の決算
報告書から本当の電気料金を割り出した。

 その結果、日本で最も高い発電方法は原発だった。逆に一番安かった
のが「水力発電」だった。政府の言い分とちょうど逆だ。

 私たちの言う「二度と繰り返しません」は、「二度とだまされません」
と入れ換えたほうがいいのではないか。

 瓦礫の話でも同じだ。現地市長・町長はこう言っている。
「瓦礫を山にしておいて10年、20年掛けて片付けた方が地元に金が落ち、
雇用も発生する。もともと使ってない土地がたくさんあり、処理され
なくても困らないのに、税金を青天井に使って全国に運び出す必要が
どこにあるのか?」と。

 東京都で瓦礫処理をする企業は、東京電力の子会社だけだ。

 絆とは「利権の絆」の話なのか。それより瓦礫を積み上げた防波堤を
被災地に築いたほうがいいのではないか。

 私たちは犠牲者の想いを生かしていない。

*******************
[PR]
by naturalfood-holo | 2012-03-14 22:31 | 生活 | Comments(0)

3月13日12時OPENです

おはようございます。

3月13日12時OPENです。


イベントのお知らせです。

富田貴史さんお話会in自然食ホロ

暦やエネルギーなどのワークショップを全国各地で行っている冨田貴史
さんをお招きして、自然食ホロにてお話会を開催いたします。
今回は、昔からある知恵、自然のリズムに沿った「暦」のお話を中心に、
現代の抱えるエネルギー、原子力問題についてお話していただきます。
お話のあとは、冨田さんを囲み、ホロのご飯を食べながら、みなさんで
今感じていること、聞きたい事を分かち合いましょう。

●日時 3月20日(火)11:30~14:00


●会場 自然食ホロ(札幌市東区中沼西5条2丁目3-16)


●参加費 2000円(自然食ランチ付き)

●主催 自然食ホロ


●問い合わせ先 Tel&Fax 011-887-6224


<< 冨田貴史さん プロフィール >>

1976年生まれ 千葉県出身、京都府在住。
旧暦、マヤ暦、13の月の暦、地球歴、時間、お金、原子力などについて
語らうワークショップのファシリテーター。
ドキュメンタリー映画「六ヶ所ラプソディー」の上映会を全国120ヶ所で企画。
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」製作スタッフ。
「エネルギーシフトを考える、データバンク・プロジェクト」立ち上げメンバー。
原子力、核による放射能汚染、被ばく、それらが持ち込まれることによって
起こるあらゆるトラブルの解決を願うブログ、「Radio Active]で情報発信中。
著書「わたしにつながるいのちのために」
「美しい海と私たちの未来」
   「つながりのなかではたらきまなびあそぶ」(共著)
[PR]
by naturalfood-holo | 2012-03-13 07:50 | 変則営業のお知らせ | Comments(0)

3月9日12時OPENです

おはようございます。


モエレもだんだん雪が解けて。
春の足音が近づいてきました。


先日、友人とお食事に行ったときに、一足早く山菜をいただいて。
それが、とてもおいしくて。

山菜を体が欲しております。


待ち遠しいです。




3月9日12時OPENです。

よろしくおねがいいたします。
[PR]
by naturalfood-holo | 2012-03-09 10:05 | 変則営業のお知らせ | Comments(0)