いつも喜んで、感謝して。

by naturalfood-holo

カテゴリ:震災支援( 4 )

3.11、2年。

あの日から2年がたちます。

いろいろな思いがありますが、自分の言葉がみつからないので。

----------------------------------------------------------------------------

クリスチャン新聞福音版3月号より。

また、あの日がやってきます。あの日を通して、私たちは何を学んだのでしょうか。
復興はななか進まない。時計は止まったまま。そんな方々もたくさんいらっしゃるでしょう。

まだ、たったの二年です。当然です。発生から十八年たった阪神淡路大震災ですら、復興など夢のまた
夢とおっしゃる方がいます。あの地震さえなかったら、と嘆いている方々がいます。

あの日を通してそれでもすばらしいものを学んだとおっしゃる方もいらっしゃいます。
いや、何も学ばなくて良かった、ただあの人に生きていてほしかった、ただこの町で暮らしていたかった
とおっしゃる方もいます。



進学先の東北で震災を経験し、一週間後に当地新潟に戻ってきた二十二歳の女性がいました。どうやら
親友を亡くしたらしいと家族は言います。実家に帰った後も、泣きじゃくっています。東北で就職もきまって
いましたが、内定先からは自宅で待機と連絡がありました。家族はとても心配して、慰め、励まし、実家に
いればよいと説得しました。しかし彼女は、ただ毎日泣いていました.

お姉ちゃんを何とか説得し、元気にしたいと、妹さんから相談を受けました。ご家族の心配はもっともです。
でも、私も彼女を励ませない。説得なんかできない。彼女は何を体験したのでしょう。家族にすらはっきり
話していません。どんな一週間をすごしたのでしょう。もしかしたら、やっと実家に帰ってきて、初めて思い
きり泣けたのかもしれません。今はただ、共になくことしかできません。

NHKのラジオで、こんな番組がありました。東北の被災者からお便りが寄せられます。つらい、苦しい、
さびしい、心細い、そういうお気持ちを切々と語る内容です。アナウンサーが、静かにお便りを読み上げます。
ただそれだけです。特別な慰めの言葉も励ましのエールもありません。穏やかな音楽を背景に、
淡々とお便りが紹介されていきます。

「今、泣いている人は幸いです。悲しんでいる人は幸いです」と聖書は言います。

「その人は慰められるから。その人は笑えるようになるから」 
(新約聖書マタイの福音書5章4節、ルカの福音書6章21節参照)

泣いている人を見るのはつらい。何とか幸せになってほしい。だから、泣いている人には何かをしたくなる。
もちろん、慰め、励まし、アドバイスがとてもうれしく、助けになる事もあります。でも、時には悲しむ事の
邪魔になることもありおます。



泣いている人の話にじっと耳を傾けることは、勇気のいることです。前向きな話をした方が、こちらの心も
楽になります。でも、聖書は語ります。


「泣くものと共に泣け」(新約聖書ローマ人への手紙12章15節)

共に泣くためには、勇気と、心の落ち着きと、そしていつか必ず癒されるという信仰が必要ではない
でしょうか。三月十一日午後二時四十六分。

またあの日がやってきます。またあの季節が巡ってきました。また、思い出し、涙することでしょう。
ただそれでも、雪はとけ、春がやって来ました。

満開の桜が、今年もきっと見事に咲くことでしょう。

新潟青陵大学院教授 スクールカウンセラー 碓井真史さん
[PR]
by naturalfood-holo | 2013-03-11 23:59 | 震災支援 | Comments(0)

福島の方々へ!

脱原発北海道メーリングリストより、転載致します。

福島の方で沖縄への移住を検討されている方がおりましたら、
ぜひお伝え願います。

-----------------------------------------------------------------


沖縄への移住を希望する人たちへ、緊急のお知らせです
福島県の支援打ち切り要請のため、沖縄移住希望者は、
これまでの家賃無料制度や、さまざまなサポートが受けられなくなります。
福島の方に、この情報を伝えてください。

皆様

今日、沖縄県庁に確認したところ、福島県の支援打ち切り要請により、
12月28日までに沖縄県で賃貸住居の契約が住んでいないと、
2年間の家賃無料制度が使えなくなると聞きました。
よって電話での問い合わせは11月いっぱいくらいにしないと
間に合わなくなる可能性があります。

そこで福島の皆様に、あと2週間ちょっとしかないのですが、
なるべく以下の情報を拡散してください。お願いいたします。


福島の人全員知ってほしい!

11月30日(金)まで!
移住支援制度で航空券、ホテル代、2年間家賃無料!

12月8日(日)那覇で就職フェア
http://www.kyouryokukaigi-okinawa.net/502.html

沖縄県庁防災危機管理課098-866-2143まで電話ください!
[PR]
by naturalfood-holo | 2012-11-14 22:56 | 震災支援 | Comments(0)
おはようございます。

台風のせいか、強い雨が降ったりやんだりの、モエレです。



先日のチャリティーバザー&ライブ、みなさんのご協力ありがとうございました!

昨日集計が終了しましたのでご報告させていただきます。


皆様からお預かりした売上より、必要経費(佐藤先生の旅費、会場費、PA費)を

差し引きしまして、収益は70444円でした。


本日、佐藤彰先生に送金させていただきましたので、ご報告申し上げます。


継続して支援を行い、隣人となっていけるよう願っています。


ぜひ、引き続きのご支援をお願い致します。




  ---------- お知らせ ------------

本日、配達のため12時オープンとさせていただきます。
[PR]
by naturalfood-holo | 2011-09-02 09:29 | 震災支援 | Comments(0)
先週土曜日のホロ2周年チャリティー市、

ほんとうに、たくさんの方々に来ていただきました。

せまい店内ですので、ゆっくり出来なかったかと思います。


きちんとはわからないのですが、3、40人は来てくださいました。

ほんとうに感謝です。ありがとうございました。


チャリティーということで、支援金が58937円、集まりました!

早速、被災地の方々に届くように、送金いたします。

災害救援ネットワーク北海道(チームやんじぃ)
・屈斜路ガイドステーションわっか(がってんさん)
・NPO法人ねおす
NPO法人アレルギー支援ネットワーク
・アトピッ子地球の子ネットワーク
・日本国際飢餓対策機構
・東栄福音キリスト教会緊急対策支援基金(主にホクミンOMFの支援をしています。)


皆さん、いち早く現地に入り、支援を行ってくださっています。

どうか、健康が守られ、事故などありませんように。お祈り申し上げています。




また、ホロでは、5月7日(土)に、チャリティーライブ&バザーを企画しております。

詳細が決定しましたら、お知らせいたします。

継続的に被災地の支援をしていけるよう、どうぞご協力お願い致します。
[PR]
by naturalfood-holo | 2011-04-19 08:24 | 震災支援 | Comments(0)