いつも喜んで、感謝して。

by naturalfood-holo

3/15(金)、通常営業お休みです。

福島市のやおやさんより、焼き菓子の特注たくさん頂きました。
いつもありがとうございます!

3/15(金)製造もありランチ通常営業お休みいたしますので、ご了承お願い致します。

ディナータイムはご予約頂いておりますので営業致します。


明日にも安倍首相がTPP参加表明する模様ですね。


昨日の東京新聞の記事を読みますと、他メディアの報道していないことが書かれています。

政府が言っていること(聖域を守る)が実行困難であることがわかります。そもそも、既に多国間で交渉されている事項が公開されていないところに参加しようとしていますので、政府としても予測でものを言っているという現状です。

守るべきものは、守る、ということですが、それが確実になされるのはTPP交渉に参加しないことの
ように思われます。

私たちの生活は今後どのように変化していくのでしょうか。

b0160040_234252.jpg


TPP協定素案 7月まで閲覧できず

 環太平洋連携協定(TPP)をめぐり、日本が交渉参加を近く正式表明した場合でも、参加国と認められるまでの三カ月以上、政府は協定条文の素案や、これまでの交渉経過を閲覧できないことが分かった。複数の交渉関係筋が十二日、明らかにした。

 オバマ米政権が「年内妥結」を目指し各国が交渉を進展させる中で、日本が交渉の詳細情報を得られるのは、最速でも三カ月以上たった七月ごろ。正確な情報を得るのが遅れ、日本が不利な状況で交渉を迫られるのは確実で、貿易や投資、各国共通の規制のルール作りに日本側の主張を反映させる余地がますます限られてくる。

 交渉筋によると、正式に参加国と認められた段階で閲覧できるのは、各国がこれまでに協議して決めた協定の素案や、各国の提案、説明資料、交渉に関わるEメールなどで、数千ページにのぼる。参加国以外には公表しない取り決めになっている。

 日本政府は協議対象となる輸入品にかける税金(関税)の撤廃や削減、食品の安全基準のルール作りなど二十一分野で関係省庁が個別に情報収集しているが、交渉の正確な内容を入手できていない。ある交渉担当者は、日本側の関心分野の多くは「参加国となって文書を見られるまで、正式には内容が分からないところがある」と述べた。

 日本が参加国と認められるには、各国の承認が必要で、米国の例では議会の承認を得るために最低九十日は必要な仕組みになっている。安倍晋三首相が近く参加表明した場合でも、五月に南米ペルーで開く第十七回交渉会合に、日本は傍聴者(オブザーバー)としても参加できない。

 シンガポールで十三日まで開催中のTPP第十六回交渉会合で情報収集する日本の非政府組織(NGO)アジア太平洋資料センターはじめ、米国、ニュージーランドの市民団体によると、米国の交渉担当官は会合で「日本には正式な参加国になる前に一切の素案や交渉経緯を見せられない」と各国交渉官に念押しした。さらに、「日本には一切の議論の蒸し返しは許さず、協定素案の字句の訂正も許さない」と述べた。
[PR]
by naturalfood-holo | 2013-03-14 23:07 | 変則営業のお知らせ | Comments(0)