いつも喜んで、感謝して。

by naturalfood-holo

本日7/10(火)、12時に開店します。

~本日、特注のため12時からの開店です。~



先週の農みんcafe、お越しいただきましてありがとうございました。

特にイベントもなく、のんびりとした一日でした。

余市のさくらんぼも、トマトもとても美味しくて感動しました。

次回は、8/18(土)開催の予定です。

福島市より避難されている「たべるとくらしの研究所」安斎伸也さんと、
スルジェ農園 安斎由希子さんトークイベントを企画中です。

お楽しみに!


さて、2030年を見据えた日本のエネルギー・環境問題について、
国民全体で議論を深めるために、話そう"エネルギーと環境のみらい"
サイトが7月7日にオープンしました。

政府は現在エネルギー・環境戦略の見直しを行っていますが、
「エネルギー・環境会議」が、2030年のエネルギー・環境に関する3つの選択肢、
(原発依存度を基準に、①ゼロシナリオ、②15% シナリオ、③20~25% シナリオ)
をとりまとめたそうです。

この3つの選択肢に関する国民的議論を礎として、
8月にエネルギー・環境の大きな方向を定める革新的エネルギー・環境戦略を決定し、
政府として責任ある選択を行う予定ということです。

各都市で意見聴取会を開催予定ですが、
3つの選択肢について7月31日18時までパブリックコメントも内閣府共通意見等登録システム やFAX・郵送で募集しています。

政府が国民の意見を求めています。

これに意見をとどけないと、国民の総意として原発の是非がきまってしまいます。


私たちも昨日サイトよりパブリックコメントさせていただきました。

もちろんゼロシナリオの意見です。

子ども達に負の遺産は残さないほうがよいです。

福島の皆さんの痛みと悲しみを無かった事にはできません。



みなさんも是非、自分の考えを提出してほしいと思います。

7月いっぱいで国民の意見を聞き、8月には政府としての方向が決まってしまいます。

このまま国民がきちんと考えないで声を届けなければ、
順次原発再稼動をうたっている政府ですから
実質的に原発に依存していく15%以上の折衝案に決められる可能性は高いと思います。

ほんとうにこの意見が政府に届くかどうかわかりませんが、
原発ゼロをもとめる声が、
パブリックコメントが1万人なら、10万人なら、100万人なら、
政府も無視は出来ないと思います。

何を書いていいかわからないわ、という方は、非コメントくだされば
私たちが書いたパブコメをお教えしますので参考にしてください。

ぜひ、国民目線、国民基準の声を届けましょう!
[PR]
by naturalfood-holo | 2012-07-10 09:31 | 変則営業のお知らせ | Comments(0)